フランス人は10着しか服を持たない
最近読んだ本の紹介です^^

『フランス人は10着しか服を持たない』


前々から店頭に並んでいるのを見たり雑誌で見たりで、気になっていました^^

この本は…
アメリカ人の著書ジェニファーが、学生時代に半年間パリへ留学し、フランスの貴族の家でホームステイをした時のこと、そこで家を取り仕切るマダムシックに出会い、典型的なカルフォルニアガールだったジェニファーが、女性として妻として母としてのマダムの生き方に感銘を受け、そのシックな生き方に目覚めていくというもの^ ^

フランスで過ごした半年間はとっても刺激的でエキサイティングだったわと、その興奮ぶりが文面からもよく伝わってきます。彼女がユーモアたっぷりにいろんな感動を綴っているので面白可笑しく読める本です^^


タイトルの“フランス人は10着しか服を持たない”
どうやら多くのフランス人はあまりものを持たないそうで、洋服に関して言うと、質の良いもの、気に入ったものだけを買い、長く着る。
考え方がとてもシンプルでいいなと思いました。

食べ物に関しても、間食はほとんどせずに、一回の食事を前菜からデザートまで存分に楽しむのだそう。家族が揃っての食事、これもまた素敵だなと思いました^^

他にもちょっと家の外に出る時はもちろん、部屋から出る時でもそれなりにきちんと身なりを整えることや、日々の暮らしの中で家具や食器など上質なものをもったいないからといってとっておくのではなく普段使いにすることなど、、

フランス人の暮らしは、一言で言うと“質がいい”のだと思いました。
必要なところにはお金をかけ、ムダを嫌い、気持ちよくシンプルに生きる。
また、日常生活にささやかな喜びを見出して楽しく生きる。

アメリカに帰って来たジェニファーも、今も尚そんなマダムの生き方を参考にしているのだそうです^^

私も出来るところから取り入れてみようとまずは洋服の整理から始めました 笑

興味がある方は読んでみて下さい☆



| http://www.sylph01.com/blogs/012/index.php?e=36 |
| works | 05:05 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑